« コアオとキタカブリの違いがわからない | トップページ | 暗いマイマイカブリ2 »

暗いマイマイカブリ

北へばかり行っていたので、今季初めてのヒメマイマイ採集となった。初対面のMさんを拾って、その後、Bちゃんを拾っての出撃。

Bちゃんとは、名古屋方面へ行ってみようと話していたので、東名を走る。車内の会話で、なんだか急きょ伊豆半島の付け根あたりに行こう、という話になり、行先変更。

まずは、Bちゃんが採集している場所へ。

Photo


この川にこんな河川敷があるとは、知らなかった。絶好の朽木はないが、Bちゃんがすぐに出して、さすがである。しかし、その後、なかなか採れない。しかも、河川敷が整地され初めている。ちょこちょこと歩き、良い木が1本。そこで数頭。伊豆が初めてのMさんも掘り出し、朝飯前で採れて一安心。というか、私にとっては新市町村だったのでうれしかった。

画像がそれ。

Photo_2


その後、今度は私が採ったことのある丘陵地帯へ。狭い地域だが松の立ち枯れから少々、採れ、良かった。

で、である。まだ時間はあるし、どうしようか、ということになった。ということで、新しい流域ななど、行ってみることに。適当に場所をナビで設定し、車を走らせる。Bちゃんは後部座席で熟睡状態。おそらく、昨晩は寝ていない?車中はMさんといろいろな会話になり、楽しかった。特に、蝶の採集のベテランであるMさん、私はショボイ虫屋であるが、東北地方の市町村の話題がなぜか、違う虫を趣味としていても、ピッタシとあってしまい、お互いにあげる市町村のほとんどが、お互いに知っている地域であった。

なんとなく河川敷に着き、とある木の部分枯れにほとんど車横付けし、いきなり数頭出てきた。ここも私にとっては、新市町村なので、うれしい、というか、あっけなかった。その後、河川敷に突入して、Bちゃんの活躍開始。まずまずの数が採れた。

Photo_3
Photo_4




静岡県でも違う河川では大型になるのに、ちっとも大きくはなかった。

ということで、今回の採集は胸色がかなり暗い感じになる産地だった。ボボクロとピカピカの違いがすぐには判別つかないので、山分けのとき、選ぶのが難しかった。というより、疲労のため、適当に。

でも、みんなで採ったものをみんなで分ける方式は私は好きである。また、そのひと時が楽しいものである。並べられた個体を1頭ずつ、どれにしようか、見比べながら選ぶのが面白い。遠方まで行き、良い状態の木に当たるかはずれるかは、半分、運次第。採れる数に大きな差が出るのは当たり前で、手中におさめる数は、平等が良いと考えている。

|

« コアオとキタカブリの違いがわからない | トップページ | 暗いマイマイカブリ2 »

コメント

この前はお疲れ様でした。
今回の採集成果も、偏にお二方の実力のお蔭だと実感しております。
まだまだマイマイカブリ初心者ですが、今後も機会があればよろしくお願い致します。

投稿: M | 2014年12月23日 (火) 21時41分

Mさん、楽しいひと時ありがとうございます。私は実力ではないです。ただ、ちょっと年数を重ねているだけなんです。

投稿: しんちゃん | 2014年12月24日 (水) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395082/58354939

この記事へのトラックバック一覧です: 暗いマイマイカブリ:

« コアオとキタカブリの違いがわからない | トップページ | 暗いマイマイカブリ2 »