« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

採れない採集か?

昨日、往復800kmのドライブでかなりの疲労であるが、ようやく仕事も少々のんびりなので、午前中、近場へ行ってみた。行った場所は画像のような所。河川敷は広大なるも、柳類の古木はない、というか、柳類、その他の樹木自体少ない。2本だけ木が見える。

Photo

というか、上の写真ではほとんどわからない。で近づいてみると。

Photo_2

手前の木の根元あたりが部分枯れか土だまりあるか期待したがだめ。ただ、倒木、おそらく流れ着いた朽木があった。しかし、見た目は状態が?でカチカチ感あり。ということで、鍬でやってみると、一部、サクっと入り、「もしかしたら、入っているかも」という期待感が。で。

Photo_3

いた。この部分から2頭。他の部分から2頭。「ふーーん、やはりやつらはどこにでもいるんだなぁ」あと、奥の木は部分的に枝が裂けていた。が、越冬には不適切な状態。しかし、この秋の増水のためか、土が入り込んでいて、これが、かえって越冬には良かったかも。で1頭。

計5頭、採れるとは思いもしなかった。ということで、今回は採れない採集記を書く覚悟でのミニ採集であった。です。

Photo_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1か月ぶりの採集

ですが、カメラ忘れた。(孫の写真ばっかり撮っていて)

昨日は、栃木県にて、たくさん採れたのですが、採集状況がないので、以前、行った地域での状況でも。

埼玉県のある河川の流域です。河川敷に畑作地域。絶好の環境です。あとは、朽木、倒木があればOK。今年、初採集の場所でしたが、まずまず採れました。

Rimg0021

次に茨城県のある河川での柳樹皮下の個体。

Rimg0038

ところで、越冬する場合、なんだか集合性があるような気もします。越冬に良い状態の部分に偶然、集まってくるのかもしれませんが。

昨日は、栃木県で、今季初の50頭超えでした。鬼怒川ではないし、渡良瀬遊水地周辺でもないです。数の話題を書くと批判される場合もありそうなので、あまり書きたくはないのですが、冬場のマイマイカブリ採集の楽しみ、成虫採集ができる、自分で地域を選定して挑戦できる、そして、数が出る場合がある、です。

以前、宇都宮市で採集した個体が、乾燥しても輝きの強い青になった個体があったので、どう乾燥するか、楽しみです。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »