« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

キタカブリの新市町村について

やはり、記事を書くのに日があいてしまったようですが。

じゃあ、昨年末の岩手県遠征の様子でも書きます。ほぼ文のみの内容ですが。

今まで、北上川流域では、南から、一関市・奥州市・平泉町・花巻市・金ヶ崎町・北上市、と採集できて、一昨年、紫波町で1頭。その北の盛岡市は2回ほど挑戦してだめでした。

ということで、いつもの友人と空白エリアをなんとか、と思い出かけました。前の晩から出発。早朝にまずは紫波町に到着。どう見ても良さそうな河川敷があり、さっそく突入。しかし、出てこない。朽木にはどろが詰まっており、増水の影響のためか、全く採れず。その後もだめで、方針を変え、付近の丘陵地帯へ。しかし、なかなか良い雰囲気の場所がなかった。そうこうしているうちに、午後になり、まだ、1頭も採れず。遠方まで来て、精神的な鬱憤もたまる一方でした。で、ようやく、たどりついた林。倒木の根土があり、アオオサが出てきたので、そんなのに夢中になっていました。ひと段落して、ちょっと林内歩くと、松の立ち枯れがあったので、ゆっくりとはがすと樹皮の隙間から足が見えました。マイマイカブリしかありえません。ということで、その木から5頭、念願の盛岡市産です。友人は不調でわずか。ということで、その日は2人で計10行かず。

一泊して、翌日も丘陵地帯狙い。いや、その前に河川敷もやったんだけど。紫波町にて、午後から、ようやくポツポツ出だし、友人も採れはじめ、計20頭くらい。

なんとかカッコをつけた採集行でした。

キタカブリも北に行くほど、乾燥すると胸色が銅色になる個体の割合が多くなってくるような感じもします。

画像は盛岡市、玉山区産。市町村合併がなければ、玉山村産でした。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒメマイマイカブリの形

長野県南部産(左)と千葉県中部産(右)を比べてみました。両者とも色気はないですが。

こうやって見ると形の違いがあるようです。Rimg0020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメマイマイの色・山梨県産

今まで何回か採集に行っていますが、いつも数が出ない山梨県です。

今季も1回、行きましたが、計3頭。

♀は笛吹川流域。♂は韮崎市産です。

色合いがかなり暗い感じで、大型にはなるような気がします。笛吹川産は自分にとっての新市町村だったので、まあ、よし、とします。それにしても展足が上達しませんね。まっすぐになっていない♀。随時、点検すれば良いのですが、一回、やるとそのままです。2

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒメマイマイの色

埼玉県中部産と茨城県中部産です。地域が離れると色合い、サイズに変化があるので面白いものです。

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »