« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

チャイロヒゲビロウドカミキリ採集記風

夕刻、メールが来る。「今日は絶好だぁ」当然のことながら、夜間採集の誘いである。

昨年から、6月中~下旬はチャヒゲの夜間採集、恒例行事となった。

この種類、毎年のように時期になると、ちょくちょくネット上に現れ、自分としては「いつかは、自分の手で採りたい」と思っていたカミキリである。昨年、ユズリハにて、そして、今年はニワトコにて食害されている木を発見。

昨晩、今季3回目の夜間採集であった。9時半、迎えに来てくれた車に乗り込み現地へ。まずはユズリハから見てまわる。?今季2回でそこそこ採れているんだが、今日は1♀のみ。

その後、ニワトコご神木へ。すでに数日前に2人とも少し採集しているが。

2人で幹にライトを当て、見る・見る・見る・・・・彼が交尾個体を発見、また、すぐに交尾個体を発見、また、すぐに交尾・・・・この夜は彼と彼女の絶好の出会いの日(忍び逢いの日)であった。彼の観察によると、♂が♀の方にスタスタと歩み寄り、のっかかるシーンまであったそうだ。

このカミキリ、夜間は活発な行動みたいで、羽音をさせて周囲を飛ぶこともあった。

この夜は彼がすべて見つけた。計10頭。

それにしても、幹にいた個体をつまんだ時に思いっきり、人差し指をかまれ、その痛いこと(指に穴が開いていた)思わず叫んでしまった。・・・が、なぜか、つまんだ個体は放さなかったなぁ。

♂の大型個体は長い触角がビューーんと伸び、カッコいい。採集したのを見て、2人で「ウーーン、大きくていいなぁ」

+それにしても、彼の網振り名人ぶりには恐れ入った。暗闇で飛ぶ個体までネットインしてしまうんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »