« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

前季も越えられなかった50mmの壁

福島県の南部と長野県の南部産の♀です。期待はしていなかったのですが、ポツポツと大型個体が採れました。採集していて、一目見て、45mmサイズだと大きいなぁ。47mmサイズだと、?もしかして50mmかな?なんて感じてしまう感覚です。

画像の個体はやはり残念ながら48~49mmで止まっています。

Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厳しかった産地2つ

初めて行ってみた、南三陸町では完品が画像の2頭。翌日、今まで何回かやってみて採れなかった一関市にてようやく1P。

南三陸町産は胸が太いです。一関市産はおそらく、羽が黒っぽい個体と緑系が混じるんでしょう。

Photo Photo_2

今日、針刺しをしました。約30頭かな?

Photo_3

上段、真ん中は、今季も苦戦した青森県産です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コアオの南側

今季の採集からです。新潟県、糸魚川市。長野県、中野市。そして、課題であった福島県の白河市~郡山市の間の市町村。ですが、ヒメマイマイと色合いの区別がほとんどつきません。まあ、胸の色がより紫がかったり、輝きが少々強かったりと、の個体の割合が多くなってくるくらいかなぁ。これでもコアオマイマイなんでしょう。一番下は茨城県古河市産です。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここもキタカブリなのか?

宮城県の石巻市から登米市にかけては、今まで2回ほど行っていますが、数が出ません。今季は運良く20頭ほど登米市にて採れました。この地域の色合いはけっこう変化があるようです。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キタカブリの色について

この土日と岩手県の太平洋岸、中北部まで行ってきました。で、羽の色におそらく胸の赤までのっている、個体がそこそこ出てきました。その結果、羽の緑色に赤が混ざった、かえって薄汚い?色合いになっています。過去に北上市にて1頭採集したことがありますが、この地域になると、その割合が増す傾向にあるようです。

「iwaizumi.JPG」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長野県での採集

長野県、北部まで行ってきた。今まで2,3回、行ってきたことがあるが、厳冬・凍結の中、わずかの数、とか、父と行ってみたり、とか、今まで数は出なかった地域である。千曲川の河川敷は長野市付近では広大であり、狙いの柳大木も多くある。

朝、3時に起きて出発。7時前には採集開始した。このところ、しょぼい河川敷狙いになっているので、入る場所の選定に悩むところである。

一カ所目は×。すぐに場所をかえた、入った場所が画像の所。河川敷はいろいろな工事により開発されて消滅してしまうこともたまたまある。

「nagano2.JPG」をダウンロード

すぐに数頭、出てきたので、ちょっと北上。

それが、いろいろな場所に入るも採れない。ようやく数頭採り、半帰路。堤防を走らせていると、行き止まりになってしまい困惑。で、車から降りるとすぐ近くに柳の大木が1本、見えた。

木の裏側に回ると絶好の大きなウロ発見。このウロから出てこなければ、ここはいないなぁ・・・なんて思いながら、ゆっくりと掘り始めると、やはり出てきた。

「nakanoshuudan.JPG」をダウンロード

ということで、満足の中、帰路。途中、寄ってみた2カ所でもそこそこ採れ、良い一日となった。久しぶりの収穫・50頭であった。

長野県北部は、コアオの地域かな?♂の前足に絨毛が見られる。色合いは胸色、青~紫系。きれいな、ヒメマイマイといった感じ。サイズはバラバラだが、大型個体も出そうな雰囲気であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »